搭乗者傷害保険 対象者 範囲

搭乗者傷害保険は自分たちのケガを補償

保険に加入している車に乗車している全ての搭乗者が、交通事故により死亡、ケガをしてしまった場合に過失に関係なく補償される保険を搭乗者傷害保険と言います。

 

搭乗者傷害保険では、100%の過失があり、ケガをした場合でも保険金が支払われます。
搭乗者傷害保険は、被保険自動車に搭乗している運転者、同乗者に治療費、お見舞い金を支払うと言う性質のある保険になります。

 

契約の際に2つの保険支払い方法から選択することになります。
「定期払い」は、ケガをした部位、症状、入通院の治療にかかった日数に応じて保険金が支払われるもので、各保険会社によって保険金がどのようなケガの時に支払われるのかには違いがあります。

 

支払い基準が明確で保険金額が確実に分かるのですが、治療が長引いた場合、支払い金額が少なくなることがあります。
「日額払い」は、1日の入院あたりの保険金額を契約時に決めると言うものです。

 

通院、入院の全ての日数分が支払われるのではなく、日常生活を送ることができるまでに回復した期間分が支払われることになります。
重症の場合は支払い金額が多くなるのですが、支払い基準が明確でないためいくら受け取ることができるのかが分からないと言うデメリットもあります。

関連ページ

任意保険をおすすめする理由
自賠責保険で補償されない部分を補うことができるのが、任意保険です。文字通り任意で加入しますが現実には必須のものといえます。
自賠責保険は義務 しかし入っていないケースも
自賠責保険は車やバイクを使うすべての人に加入が義務付けられている、いわば強制保険。当然入っているものなのですが・・・
対人賠償保険は補償額無制限が基本
対人賠償保険は交通事故で相手が死亡したり、ケガをさせてしまった時のための補償をするもの。自動車保険では保険の核ともいえる中心部分になります。実際には自賠責保険でカバーしきれなかった部分を補償することになります。
対物賠償保険の補償額はいくらが良いのか
対物賠償保険とは他人の車を含む器物に損害を与えたときの賠償をカバーするもので対人賠償と並び自動車保険の柱になっている部分です。