対人賠償保険 補償額 無制限

対人賠償保険の補償額は

加入が義務付けられている自賠責保険では、交通事故で被害者を死亡、ケガさせてしまった場合に補償額を超えてしまう分が発生することがあります。

 

自賠責の補償額を超えてしまった分を支払うことができるのが対人賠償保険です。

 

対人賠償保険は、加入者が任意に保険金額を設定することができますが、一般的に無制限を設定することが常識になっているようです。

 

実際に対人賠償保険に加入している方の90%以上は無制限に設定しているようです。
支払われる金額は過失割合によって違いがあります。

 

交通事故を起こした双方の過失の度合いによって支払い金額は異なるのです。
被害者に支払われる金額は、加害者の過失部分のみの額です。

 

被害者に過失部分があらば、その分の賠償はしませんと言うものです。
過失割合は、過去の事故例などを参考に基本割合が決められており、
それを当てはめることで過失割合が決まります。

 

対人賠償保険は、自動車保険の中でも最も重要な保険だと言えるでしょう。
自賠責保険同様、対人賠償保険に無制限で加入しておくことが万が一に備えることになります。

関連ページ

任意保険をおすすめする理由
自賠責保険で補償されない部分を補うことができるのが、任意保険です。文字通り任意で加入しますが現実には必須のものといえます。
自賠責保険は義務 しかし入っていないケースも
自賠責保険は車やバイクを使うすべての人に加入が義務付けられている、いわば強制保険。当然入っているものなのですが・・・
対物賠償保険の補償額はいくらが良いのか
対物賠償保険とは他人の車を含む器物に損害を与えたときの賠償をカバーするもので対人賠償と並び自動車保険の柱になっている部分です。
搭乗者傷害保険の対象者の範囲は?
搭乗者傷害保険とは、保険に加入している車に乗っている搭乗者全員に対して過失の所在にかかわらず補償されるものです。