対物賠償保険 補償額

対物賠償保険

自動車事故で他人の車、物などを破損、汚損などの損害を与えてしまい、法律上の賠償責任を負うことになった際に支払われる保険を対物賠償保険と言います。

 

物だけではなく、店舗に車が突っ込んでしまい、店舗が営業できないことへの営業損失、タクシーやバスなどと事故を起こした場合の修理終了までの休業損失なども補償の対象になります。
業務者の場合は、その車が走っていれば利益をあげていたであろう金額も賠償金として支払われます。

 

そう言ったケースも考えると対物補償といえども、かなりの高額な賠償額になるケースも予想できますし、実際に数千万円単位の賠償請求の例もあります。

 

たかが対物事故と考える方もいるかもしれませんが、加入が義務付けれている自賠責保険では、物に対しての補償はありません。
人に対してだけではなく、人の財産を失わせることもまた大きな損失になります。万が一にそなえ金額は無制限として対物賠償保険にも加入しておくことは必須といえます。

 

保険金額は、過失割合によって異なります。交通事故を起こした双方の過失の度合いを過失割合と言いますが、対物賠償保険では、自分自身の過失の割合部分の額を相手に支払うことになります。

 

補償される範囲は、他人や他人の財物ですから、被保険者の所有する財物は対象外です。
自分の家の車で自分の物や家族の物を壊したとしても対物賠償保険は支払われません。

 

被保険者側の財産を補償する保険は別にありますから、高価な物を車に乗せる方は見当するのも良いでしょうね。

関連ページ

任意保険をおすすめする理由
自賠責保険で補償されない部分を補うことができるのが、任意保険です。文字通り任意で加入しますが現実には必須のものといえます。
自賠責保険は義務 しかし入っていないケースも
自賠責保険は車やバイクを使うすべての人に加入が義務付けられている、いわば強制保険。当然入っているものなのですが・・・
対人賠償保険は補償額無制限が基本
対人賠償保険は交通事故で相手が死亡したり、ケガをさせてしまった時のための補償をするもの。自動車保険では保険の核ともいえる中心部分になります。実際には自賠責保険でカバーしきれなかった部分を補償することになります。
搭乗者傷害保険の対象者の範囲は?
搭乗者傷害保険とは、保険に加入している車に乗っている搭乗者全員に対して過失の所在にかかわらず補償されるものです。