任意保険 おすすめ 理由

任意だけど必須のもの そのわけは

任意保険は自分のケガ、相手や自分の車の修理代、破損させてしまった公共物など自賠責保険での補償ができないものを補償することができます。

 

自賠責保険の加入は義務付けられていますが、任意保険への加入は義務付けられていません。
加入するかしないかは個人の自由と言うことになります。

 

ただ、被害者を死亡させてしまったり、重い後遺症が残ってしまうと賠償金の請求は高額になります。

 

よほどの資産がないと賠償金を支払うことは難しく、その後の人生設計を大きく狂わせることになりかねません。
自動車保険は万が一の時に人生を棒に振るようなことにならないために必要なものといえますから、任意保険に加入しておくことを強くお勧めします。

 

任意保険は大きく分けると3つのグループに分けることができます。
被害者、物に対する保険である「賠償責任保険」。

 

賠償責任保険には、対人賠償保険と対物賠償保険があります。
加害者、同乗者に対する保険「傷害保険」。

 

傷害保険には、自損事故保険、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険、無保険者傷害保険があります。

 

自分自身の車に対する「車両保険」があります。

 

各保険会社では、これらの保険を組み合わせたパッケージ商品があるので、自分に適したものを選ぶようにするといいでしょう。

関連ページ

自賠責保険は義務 しかし入っていないケースも
自賠責保険は車やバイクを使うすべての人に加入が義務付けられている、いわば強制保険。当然入っているものなのですが・・・
対人賠償保険は補償額無制限が基本
対人賠償保険は交通事故で相手が死亡したり、ケガをさせてしまった時のための補償をするもの。自動車保険では保険の核ともいえる中心部分になります。実際には自賠責保険でカバーしきれなかった部分を補償することになります。
対物賠償保険の補償額はいくらが良いのか
対物賠償保険とは他人の車を含む器物に損害を与えたときの賠償をカバーするもので対人賠償と並び自動車保険の柱になっている部分です。
搭乗者傷害保険の対象者の範囲は?
搭乗者傷害保険とは、保険に加入している車に乗っている搭乗者全員に対して過失の所在にかかわらず補償されるものです。