自賠責保険 義務 入っていない

自賠責保険に入っていない?

車やバイクに乗っている。または購入しようかと考えている方は、
強制保険である自賠責保険について知っておこう。

 

強制保険と説明しましたが、車に関する保険としては大きくわけて、任意保険(自動車保険)と強制保険(自賠責保険)があります。

 

この自賠責保険の正式名称は「自動車損害賠償責任保険」であり、車やバイクにのるすべての人に加入が義務付けられています。
自動車であれば車検の時に入ることが義務付けられているもの。つまり車検に通るための条件のひとつですから原則として自賠責保険に必ず入ることになります。

 

任意保険との大きな違いは、過失の程度に関係なく、相手の自賠責保険から保険料が支払われるということをあげることができます。

 

上限は死亡で3000万円、障害4000万円、怪我等の傷害120万円となっています。
これを見てもわかるように任意保険の上限と比べると非常に低いということがわかるかとおもいます。

 

それに加えて、物損事故、ガードレールや外壁に追突したというような場合には自賠責保険は適用されないということもポイントですから知っておいてください。

 

クルマに乗っているなら、当然入らなければならないシステムを取っている自賠責保険ですが、少ないながらも入っていないクルマも存在します。
そのクルマはというのは車検切れのまま走っている車です。そんな車にぶつけられて事故にあった相手は最悪の状況といえますし、実際にそういった事故も起きているのが現状です。

 

ちなみに、自賠責保険は、加入者のみを補償するものではなく、犯人がわからないひきにげや、事故等の保障にもつかわれているということは近年大きな議論対象になっていますから知っておいてください。

関連ページ

任意保険をおすすめする理由
自賠責保険で補償されない部分を補うことができるのが、任意保険です。文字通り任意で加入しますが現実には必須のものといえます。
対人賠償保険は補償額無制限が基本
対人賠償保険は交通事故で相手が死亡したり、ケガをさせてしまった時のための補償をするもの。自動車保険では保険の核ともいえる中心部分になります。実際には自賠責保険でカバーしきれなかった部分を補償することになります。
対物賠償保険の補償額はいくらが良いのか
対物賠償保険とは他人の車を含む器物に損害を与えたときの賠償をカバーするもので対人賠償と並び自動車保険の柱になっている部分です。
搭乗者傷害保険の対象者の範囲は?
搭乗者傷害保険とは、保険に加入している車に乗っている搭乗者全員に対して過失の所在にかかわらず補償されるものです。