自動車保険 補償 内容

自動車保険は個別の対人賠償、物損などの補償をするいくつかの保険の集合体と考えるのが良いでしょう。

 

中でも車の保険の2本柱といえるのが対人賠償と対物賠償の2つになります。
この2つが自動車保険が必要とされる一番のポイント。

 

対人賠償の補償額は無制限を必ず選んでください。高額賠償金になる事例も珍しくなくなりました。
1億円とか2億円と上限を設定した場合と無制限の場合では保険料の違いはほんのわずかな違いしかありません。
なので補償額は無制限と設定してください。保険会社によっては、現在無制限以外の選択肢がない保険もあります。

 

対物賠償も無制限をおすすめしたいです。しかし、すこしでも保険料を安くとお考えなら最低2000万円としておいてください。
これも保険料の差はあまりありませんから基本的に無制限にすべきと言えます。

 

そのほかに重要といえる補償は、自損事故、無保険車傷害、搭乗者傷害、人身傷害、車両保険が基本として入っておくべきもの。
搭乗者傷害と人身傷害は重複している部分も多いので人身傷害のみの保険もあります。

 

車両保険は保険料が高くなる補償ですので、迷うところですが自腹で修理するのが大変であれば入っておくのがおすすめ。
その場合、免責金額を高めに設定しておけば保険料を抑えることが可能です。

自動車保険の補償内容記事一覧

任意保険をおすすめする理由

任意保険は自分のケガ、相手や自分の車の修理代、破損させてしまった公共物など自賠責保険での補償ができないものを補償することができます。自賠責保険の加入は義務付けられていますが、任意保険への加入は義務付けられていません。加入するかしないかは個人の自由と言うことになります。ただ、被害者を死亡させてしまった...

≫続きを読む

自賠責保険は義務 しかし入っていないケースも

車やバイクに乗っている。または購入しようかと考えている方は、強制保険である自賠責保険について知っておこう。強制保険と説明しましたが、車に関する保険としては大きくわけて、任意保険(自動車保険)と強制保険(自賠責保険)があります。この自賠責保険の正式名称は「自動車損害賠償責任保険」であり、車やバイクにの...

≫続きを読む

対人賠償保険は補償額無制限が基本

加入が義務付けられている自賠責保険では、交通事故で被害者を死亡、ケガさせてしまった場合に補償額を超えてしまう分が発生することがあります。自賠責の補償額を超えてしまった分を支払うことができるのが対人賠償保険です。対人賠償保険は、加入者が任意に保険金額を設定することができますが、一般的に無制限を設定する...

≫続きを読む

対物賠償保険の補償額はいくらが良いのか

自動車事故で他人の車、物などを破損、汚損などの損害を与えてしまい、法律上の賠償責任を負うことになった際に支払われる保険を対物賠償保険と言います。物だけではなく、店舗に車が突っ込んでしまい、店舗が営業できないことへの営業損失、タクシーやバスなどと事故を起こした場合の修理終了までの休業損失なども補償の対...

≫続きを読む

搭乗者傷害保険の対象者の範囲は?

保険に加入している車に乗車している全ての搭乗者が、交通事故により死亡、ケガをしてしまった場合に過失に関係なく補償される保険を搭乗者傷害保険と言います。搭乗者傷害保険では、100%の過失があり、ケガをした場合でも保険金が支払われます。搭乗者傷害保険は、被保険自動車に搭乗している運転者、同乗者に治療費、...

≫続きを読む